健康

おしっこの色で体調診断


まだまだ寒い日が続きますが、体調など壊してないでしょうか???

寒いのでついつい水分不足になりがちですが、

身体に水分が足りているかいないかをおしっこの色で判断できます。

ただ、あくまで参考で、すべての健康状態が分かる訳ではありませんよ!

おかしな時はお医者様に相談してくださいね!

毎日トイレに行きおしっこをしますが、

そんなにマジマジと自分のおしっこなんて見ていないですよね!

おしっこで体調を判断出来るというサイトがあったので

参考にしてみてください。

おしっこの色で体調不良を診断できる!

 

濃い色の時は水分が不足しているので、気を付けて水分補給しましょう!

お酒や、コーヒー、紅茶などはアルコールやカフェインで逆に脱水してしまうので

お水、または白湯などが良いでしょう。

 

 

 

カイロプラクティック院TAMAI

広島市南区的場町2-3-17

クリオ的場1F

ご予約:082-263-2880(完全予約制)

web予約はこちら

 

 

 


風邪は薬じゃ治せません


明けましておめでとうございます!

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

この時期、風邪を引いている方が多いですね!

風邪薬を沢山飲んでおられる方もおられます。

風邪を引く前に飲む!と言う方もおられますね!

ちょっと待った!

風邪薬では風邪は治りません。。。

コマーシャルでも【早めのパ○○ン♪】とかありますが、なおりませんよ!

治すのは自身の免疫力です。

薬は鼻水が出れば止める

咳が出れば止める

熱が出れば抑える

あくまで症状を抑えるだけであってウイルスや菌を倒して治しているのでは無いのです。

鼻水を出して体内に入ってくるウイルスや菌を流し出し

咳を出して体内に入ったウイルスや菌を出し

熱を出してウイルスや菌の増殖を抑え白血球を活発化してやっつける

のです。。。

それを薬でおさえつけ過ぎてしまうと治りが悪くなったりします。

症状が酷くて、でも仕事が休めない!とかあれば薬を

飲んで症状をとりあえず抑えるなどはアリかもしれません。。。

でも、早く治そうとたくさん飲んでも治りません。っというかそれは逆効果です。

時々勘違いをしている方がおられるので気をつけましょう。。。

風邪を治す薬が出来たらノーベル賞ものらしいです。

しっかり栄養をとって菌と戦う力をつけ、ゆっくり休む事が一番です。

 

 

カイロプラクティック院TAMAI

広島市南区的場町2-3-17

クリオ的場1F

ご予約:082-263-2880(完全予約制)

web予約はこちら

 

 

 


内臓調整 CMRT


最近、背中が痛いとか、腰が痛いと言う方が多いです。

その原因の一つとして、この暑さ故に冷たい物を飲みすぎたり、ビヤガーデンなどで暴飲暴食

をして、内臓が疲れる事によって痛みが出ている場合があるのです。

そのような方に当院では、カイロプラクティックのCMRTというテクニックを使います。

CMRTとは

カイロプラクティック・マニュピレーション・リフレックス・テクニックの略です。

簡単に言うと、脳からの神経が背骨を通り背骨から出ている神経は内臓へ命令を出しています。

調子が悪くなるとその命令がうまく伝わらなくなってしまいます。

このテクニックによって、疲れた内臓や神経の命令を活性化し整えます。

マッサージなどしても良くならない方は、内臓が疲れているかもしれませんよ!

 

 

カイロプラクティック院TAMAI

広島市南区的場町2-3-17

クリオ的場1F

ご予約:082-263-2880(完全予約制)

web予約はこちら


頭痛薬が原因で悪化する「薬物乱用頭痛」にご注意


こんな記事を見つけました。

日本国民の4人に1人が悩んでいるというツラーい“偏頭痛”。とくに女性に多いこの偏頭痛持ちですが、痛みから逃れるために普段から頭痛薬を欠かさず服用しているというのに、薬を飲むとかえって頭痛が酷くなってしまうという人も多くいるようです。
もしそんな悩みがあったら、もしかして“薬物乱用頭痛”かもしれません!

■薬を飲んでも治らないのは薬物乱用が原因!?
“薬物乱用頭痛”とは、本来頭痛を和らげたり止めたりするための薬が原因となって、逆に頭痛を誘発させてしまう症状のこと。男女比は1:1.35と、女性のほうが薬物乱用頭痛になりやすいことがわかっています。
この原因は、頭痛を抑えるために服用する薬の“飲み過ぎ”。しかも偏頭痛や緊張型頭痛の患者に特徴的に見られる症状で、腰痛や肩こり等のために市販薬や医療用の鎮痛薬を飲み過ぎても、薬物乱用頭痛は起こらないそうです。

■偏頭痛と薬物乱用頭痛の見分け方
この薬物乱用頭痛は、原因に気づかず、頭痛薬の服用量や服用回数などを増やし、かえって症状の悪化を招いてしまう患者が後を絶たないようです。偏頭痛時の特徴ある頭痛がなくなって、違うタイプの痛みが出たときは、薬物乱用頭痛の可能性があります。そのようなときは専門医に相談することをお勧めします。

■“薬に頼らない”ことで薬物乱用頭痛を予防
薬物乱用頭痛を予防するには、まずはいつも飲んでいる頭痛薬をやめること。そして、いつもの頭痛薬を止めたときに起こる頭痛を、違う薬やゆっくり身体を休めるなどして、適切に対処することです。予防的に頭痛が起きにくくする働きの薬を利用するのも良いですが、むやみに使わず、お医者さんや薬剤師さんに聞いてから活用するようにしてくださいね。
偏頭痛持ちの人は、偏頭痛が起きる前に肩こりや生あくびなどの前兆が現れる人も多くいます。でも、その前兆だけで頻繁に薬を飲んでいると、薬物乱用頭痛を引き起こしてしまうことにつながりまますので注意しましょう。

ということで、今回は頭痛薬が原因で頭痛を悪化させてしまうという“薬物乱用頭痛”についてお伝えしましたが、あなたは大丈夫ですか?
薬を飲むのは頭痛が起きたときだけにすることや、いつもと違う異常な頭痛を見逃さないようにすることも、薬物乱用頭痛を避ける手段のようです。

 

当院に来られる患者さんの中にも、頭痛薬が手放せないという方もいらっしゃいます。

治す薬では無いし、症状を抑えているだけで、直すのは本人の自己治癒力です。

どうしてもしょうがない時もあるでしょうが、

きつい薬ですし、常用するものではありませんよ!

身体を整えてあげると良くなったという方も沢山おられます。。。

 

 

カイロプラクティック院TAMAI

広島県広島市南区的場町2-3-17

クリオ的場1F

ご予約:082-263-2880(完全予約制)

web予約はこちら


身体のピラミッド


身体の仕組みをピラミッドに例えてみます。

kb_01

身体の土台は骨盤と背骨です。身体を作るピラミッドの、一番下が骨盤です。その上に背骨があり、その上に神経、手足・内臓などの身体のパーツがあります。健康な骨盤と健康な背骨の上に、健康な身体が成り立つのです。

 

kb_02

骨盤が歪むと、その上にある背骨や、全身に影響が出ます。見た目でわかる不調としてわかりやすいのが、足の長さの違いです。靴底の減りが左右違うのが気になったことはありませんか?骨盤に歪みが生じると腰痛・肩こりなどいろいろな症状が出てきます。

 

kb_03

また、骨盤が歪むとその上にある背骨も歪みやすくなります。見た目でわかる不調としては足の長さのほかに、左右の肩の高さの違いもあります。この場合も、腰痛・肩こり、腰痛の原因になります。ただし、先に背骨が曲がり、その後で骨盤に影響が出てくる場合もあります

 

kb_04

背骨が歪むと、やはり上記のような身体の歪みや痛みなどの症状が出てきます。背骨の歪みが原因となって骨盤まで歪む場合もあります。ヒトによって、歪みが出る部位や症状は様々ですが、健康な身体を保つには、この『身体のピラミッド』をきれいな三角形にすることが非常に重要です。そのためには、土台となる骨盤、背骨を正常な状態に保つことが大切です。

 

骨盤・背骨が歪むと様々な症状が出てきますが、歪む原因にもいろいろあります。 その多くは怪我や生活習慣からくるものですが、中には生まれつきであったり病気が原因であったりする場合も有ります。 その場合は、専門の医療機関をご紹介させていただく場合も有ります。身体の歪みや不調が気になる際は、お気軽にご相談下さい。

 

 

カイロプラクティック院TAMAI

広島県広島市南区的場町2-3-17

クリオ的場1F

ご予約:082-263-2880(完全予約制)

web予約はこちら