先日、飛び込みで患者さんが来られました。

腰が痛くて1か月近く会社を休んでいると

何かをした訳でもないのに、急に腰が痛くなって病院に行ったら

レントゲンとMRIを撮ってヘルニアがある

これが原因だろうと・・・

「大変じゃないですか!それで?何かして貰っていますか?」

と聞くと痛み止めの薬を貰っただけだと・・・

今は、病院に通って腰を牽引してもらっているそうです。

「良くなっていますか?」と聞くと返事は 「いいえ!」 だそうです。

病院には通っているけど、改善がみられないので

うちの看板をみて来られたようです。

色々検査をしつつ、施術を行いました。

施術が終わって 「いかがですか?」と聞くと

「あれ?かなり楽になった!次はいつ来たら?」 だそうです 良かった!

痛み止めは腰の痛みを治す為の薬ではありません。

痛みを感じなくしているだけです。それで自然治癒を待っているのです。

腰の痛みを感じていない人もMRIで診てみるとヘルニアを持っている人、

椎間板が狭くなっている人は沢山いるようです。

痛みがすべてそれらの仕業だとは限りません。

もちろん 原因がそこにあることもありますので

病院で検査をすることは大切なことです。薬も否定はしません。

ただ、それで何もしてもらえず、痛みを諦めている人も現状では沢山おられるようです。

そういった方々の苦痛を、少しでも和らげて笑顔を取り戻してほしいと思いながら

施術を行う毎日です。

 

 

カイロプラクティック院TAMAI

広島県広島市南区的場町2-3-17

クリオ的場1F

ご予約:082-263-2880(完全予約制)

web予約はこちら