腰痛

ぎっくり腰になったら


最近本当に、ギックリ腰の患者さんが多いんです 
このギックリ腰 何かのきっかけで急激にギクっと発症した
腰痛の事で、医学的な診断名ではなく、一般的な名称です。
何かのきっかけで急激に痛くなりますが、
これは急になったものではなく、疲労の蓄積が
たまたま何かのきっかけで起こったものなのです。
しかし、なってしまったギックリ腰はどうしようもないので
今日は対処方法をご紹介します!
最初に無理をすると結局は痛みが増して長く学校や仕事を休む事になります。

ギックリ腰になってしまったら!?
① カイロプラクティック院TAMAIに行く(笑) 早めに対処すれば治りも早いです。

② 氷水で冷やします。

炎症をおこしているので、温めてはいけません!

したがって、お風呂もお酒もやめて下さい!

氷嚢もしくはビニール袋に氷を9割と水を1割入れ、患部に20分当てます。

痛みの無い姿勢で行ってください。(アイスノン等はタオルを巻いて)

2~3時間おきに1日3回程度出来ればより早く痛みが減るでしょう。

これを3日くらい続けてください。

③ 楽な姿勢で休む

ストレッチや、揉んだりは絶対にしないでください!

海老のように横向きで丸まるか、仰向けで膝の下に枕などを入れると楽なようです。

④ さらしやゴムベルトを巻く

巻いて、痛みが増すようなら止めて下さい。

身動きが出来ない場合は上記の3つの方法でしばらく辛抱して下さい。 無理に動かないほうが良いです。
とにかくギックリ腰は休めのサインだと思ってください。

動かしてほしくないから痛みを出しているのです。
たいていは2~3日で何とか身動き出来るようになると思います。

もし痛みが全く引かなかったら、どうするか?

その場合は、ただのぎっくり腰では無い可能性もあるのでまず専門家を受診して下さいね。

痛みは、身体の構造上すぐに消えて無くなりはしません。
そうなる前に日頃からのケアは大切なのです。

もしなってしまったらご連絡下さい。

 

カイロプラクティック院TAMAI

広島県広島市南区的場町2-3-17

クリオ的場1F

ご予約:082-263-2880(完全予約制)

web予約はこちら


ぎっくり腰 注意報!


11月に入って急に寒くなりましたね〜

うちの施術院は今日から暖房を入れました。。。

そして、タイトル通りぎっくり腰注意報が出てます。。。

先月からぎっくり腰で来院される方が増えています  🙁

今日も施術院の入口で大きな音がするので何かな?と思ったら、

現場の木片を杖にした男性の方が歩いていました。

その方はご予約頂いていた方でした。

大工さんでうちに来るのに腰が痛いので

現場にあった木片を杖替わりにして来られたのです。。。

施術後は痛みはまだ残るものの、来た時に使っていた杖は無しで帰れる!

と喜んで頂き歩いて帰られました  😀

大体、季節の変わり目というのは体調を崩しやすく、

毎回ぎっくり腰の方も増えます。

疲れが溜まった時にもなりやすいです。

疲れを残さないようにしっかりした食事と睡眠をとるようにしましょう!

 

 

カイロプラクティック院TAMAI

広島県広島市南区的場町2-3-17

クリオ的場1F

ご予約:082-263-2880(完全予約制)

web予約はこちら