骨盤矯正

骨盤矯正とスポーツ


骨盤矯正とスポーツ

体幹筋が強くバランスがいいとフィジカルが強くなる

外国人選手と比較して見劣りしがちなのがフィジカル面です。

生まれつきの体格などは改善しようがありません。

とはいうものの、バランスのいい鍛え方をすれば体格的に上の外国人選手に見劣りしない強いフィジカルを作ることができるのです。

バランスのいい筋力があれば安定した体幹を作り上げられるので、フィジカル接触プレーでも当たり負けなしないからだを培えます。 また、腹筋と足を引き上げる筋力を鍛えることで瞬発力を高めることもできます。

さらにバランスのいいからだは身体の軸がブレにくいために怪我をしにくいのです。

そのいい例がサッカー日本代表およびインテルで活躍する長友佑都選手です。

骨盤の安定が怪我をしないための基本

骨盤は上半身と下半身のジョイント部分です。

走る、ひねる、跳ぶといったスポーツでの基本的な動きは、すべて骨盤の安定にかかっているといっても過言ではありません。

骨盤の傾きが適切で安定していると、脚や膝、腰、肩甲骨とすべてがスムーズに動き、筋肉が効率的に使えます。

結果として怪我もしにくくなるのです。

骨盤矯正には、筋肉の強化と柔軟性も欠かせません。

骨盤の傾きや安定をキープするにも筋肉の強さは重要です。

それと共に、大きな動きにもついていくためには柔軟性も必要になってきます。

骨盤の前傾や後傾、左右の歪みはそうした筋肉の柔軟性を損なうので、矯正が必要になってくるでしょう。

ランニングと骨盤矯正

あらゆるスポーツにいえることですが、基礎トレーニングとなるのがランニングです。

つまらない、きつい、と嫌われがちなランニングですが、からだの動きの基本となります。

理想的な動きでランニングができれば膝・腰・肩甲骨など全身への負担も軽くなり、怪我もしにくくなるのです。

理想に近いランニングをする秘訣が骨盤の正常な傾きです。

ここがすべての基礎となってくるのです。

自分の骨盤の傾きを常に意識していることに加えて、腕のいい治療者から正しい位置に骨盤矯正してもらい常時チェックしてもらうことが重要になってくるでしょう。

 

カイロプラクティック院TAMAI

広島県広島市南区的場町2-3-17

クリオ的場1F

ご予約:082-263-2880(完全予約制)

web予約はこちら


骨盤矯正とダイエット


骨盤矯正とダイエット

骨盤の歪みが肥満につながる

骨盤はからだの中心部にあり、その動きは全身に影響を及ぼしています。

骨盤の歪みは体幹筋とも深い関係があるため、新陳代謝が大きく関わってくるのです。

骨盤が歪み体幹筋が衰えていくと新陳代謝が落ちていきますから、取り入れたカロリーが燃焼しなくなってくるので肥満しやすくなるのです。

椅子に座った時にも骨盤が前傾・後傾していると力が入らず脱力しがちです。

血流やリンパの流れも滞りがちになるでしょう。

生理周期を利用した骨盤ダイエット

女性の骨盤は生理の周期に合わせて開閉しています。

生理が終わると排卵までは骨盤が閉じ、排卵から生理終了までは開いています。

生理が終わった骨盤が閉まった状態が、骨盤ダイエットのエクササイズをする最適のタイミングとなります。

閉まった状態でエクササイズを行ない筋力アップを図ることで、骨盤が適切な位置をしっかりキープするよう強めていけるのです。

もちろんエクササイズをすることでの燃焼効果も見逃せません。

出産後骨盤ダイエット

出産を終わった女性にとっては、緩んでしまった体型を元に戻すことに必死です。

赤ちゃんを通すために最大まで開いてしまった骨盤。

骨盤の底にある骨盤底筋群も伸びてしまっています。

ここを鍛えなおすことで緩んだ骨盤を締めなおし、肥満しやすい体質も改善していきましょう。

内股に何かを挟むイメージをして、挟んだものが落ちないようにお尻とお尻のあいだをキュッと締めていきます。

挟んだものを徐々にからだの内部に引き上げていくイメージで骨盤底筋群を引き締めます。

こうしたトレーニングであれば、エレベーターの中でも駅のホームで電車を待っているあいだでもできますね。

骨盤引き締めが全身ダイエットに

骨盤の位置が適切で、骨盤周囲の筋肉が鍛えられていると、座る姿勢も立った姿勢も自然と胸を張ったキレイな姿勢になれます。

適度な緊張感がからだ中にみなぎり、その他の筋肉も引き締まってきます。

歩くにも立つにも楽に動けるので、からだを動かすのが楽しくなって一層ダイエット効果が期待できるでしょう。

 

 

カイロプラクティック院TAMAI

広島県広島市南区的場町2-3-17

クリオ的場1F

ご予約:082-263-2880(完全予約制)

web予約はこちら


骨盤矯正の効果


骨盤矯正の効果

骨盤の歪みが血管や神経を圧迫する

骨盤が歪んでくると骨があるべき位置を維持できなくなります。

前後の傾きが極端になる。 左右のバランスが悪く、かたむいた姿勢になる。

そんな状態になるといろいろと問題が発生してくるのです。

骨格周りには筋肉や靭帯だけでなく神経や血管が通っています。

そしてあちこちから神経が分岐してからだの各所につながっているのです。

骨盤の歪みがひどいと、この神経が圧迫されてしまい痛みやしびれを引き起こすことがあるのです。

筋肉の硬直が神経を圧迫する

骨盤の傾きが激しい場合、筋肉がその分引っ張られてしまい硬直してしまいます。

絶えず重い荷物を背負っているような状態と同じ状態になります。

疲れ切ってしまいますが緩まないのでだんだんと緊張していくのです。

そうすると血管も圧迫されて血流が悪くなってきます。

疲労を運び去り、酸素を補給するはずの血流が弱いため、ますます緊張がひどくなります。

最終的には痛みやしびれ、違和感などで慢性腰痛となってしまうのです。

運動不足は腰痛を引き起こす

運動のし過ぎもよくありませんが、現代社会では運動不足から腰痛を引き起こしてしまう方が後を絶ちません。

デスクワークが続くと筋力も弱くなり、正しい姿勢をキープする筋肉が落ちてしまうのです。

そうすると骨格系もズレやすくなってきます。

骨盤なども緩んでしまうのです。

緩んだ状態でアンバランスな姿勢をすれば、それだけ関節にも負担がかかります。

腰痛と骨盤の傾きには深い関係があるのです。

骨盤と股関節の関係

骨盤が左右に傾いている場合には、股関節から地面までの距離が違ってきてしまいます。

もともと普通であれば左右の足の長さにはそれほどの差はないので、

左右の差が大きくなれば、どちらか一方に負荷が集中することになります。

そうなると股関節が傷んだり、股関節周りの筋肉が痛くなったりするのです。

 

 

カイロプラクティック院TAMAI

広島県広島市南区的場町2-3-17

クリオ的場1F

ご予約:082-263-2880(完全予約制)

web予約はこちら

 

 


骨盤矯正とカイロプラクティック


骨盤矯正とカイロフプラクティック

骨盤矯正をメインにして治療を行なっている治療院は数多く存在します。

アメリカで開発され発展してきたカイロプラクティック。

指圧や整体とも似ているようですが、違いがあるのでしょうか?

骨格を調整してからだを回復させる

カイロプラクティックが目指しているのは健康なからだです。

これは整体やほかの治療法と変わりません。

しかし、そこへ至る道筋が異なっているのです。

カイロプラクティックでは脊椎などの骨格の歪みが神経系を通してからだ全体へ影響を及ぼして、痛みやしびれ、その他の症状などが発生しているという考え方をしています。

ですから骨の接合部である関節やその周囲を取り巻いている筋肉が、神経を圧迫する状態を修復するのが目的となっています。

また、西洋医学的な手術や薬などをできるだけ使用しないで自然治癒力を発揮させるという特徴もあります。

整体とカイロプラクティックの違い

整体とカイロプラクティックは自然治癒力を高めていくという手法では似ています。

しかし、整体は基本的にツボ刺激がポイントになります。

指圧や鍼といった方法で経絡とも呼ばれるツボを刺激することがからだの循環を促進していき、疲労回復と共にバランスのいいからだになっていくという考え方です。

一方カイロプラクティックは骨格の歪みが神経を圧迫しているため、それを取り除くということに主眼がおかれます。

骨盤矯正とカイロプラクティック

骨盤の前や後への傾き過ぎ、骨盤の開き過ぎといった問題がさまざまな症状を引起しています。

ですから傾きや開きの調整をするのに当たって、カイロプラクティックの手技手法が役に立つのです。

長年バランスの崩れた姿勢で生活してきた患者さんの場合には、骨格も筋肉もバランスを欠いた状態で出来上がってしまいます。

ですからそれを矯正していくためには、まず周囲の筋肉をほぐしていくことが必要でしょう。

その後、骨格のバランスを調整し、整った状態で筋肉を鍛えることでバランスをキープできるようになります。

骨盤矯正と生活習慣

バランスの崩れた姿勢ですっかり生活習慣ができてしまっている患者さんの場合には、治療だけでは改善が難しいことがあります。

治療院でいくら骨格が元通りになっても、その後生活の中で再びズレてしまうからです。

そのため、座り方や歩き方といった基本的な生活習慣の見直しが必要になってきます。

特に注意されることが多いのが、足を組んで椅子に座る姿勢です。 無意識のうちに何気なく足を組んでしまう習慣を変えていくのは容易ではありません。

足を組みたくなるのは元々骨盤が傾いていて座る時に片方に体重がかかっているから組みたくなるのです。

良い状態になると、別にあしを組まなくて大丈夫!と言われる方が多いです。

どうしても、そのような生活習慣や、仕事で歪んでしまっている人がほとんどだと思います。

右利き、左利きということもあるでしょう。

その人の許容範囲内の歪みはさほど気にすることは無いと思います。(歪んで無い人のほうが珍しいです。)

ただ、許容範囲を超え自分で治せなくなってくると身体に不調がでてきます。

わかり易い症状で言えば、肩こりや腰痛、ギックリ腰もそうです。

生活習慣や、仕事を全く変えてしまう事は難しいと思うので、ケアをしてあげれば良いと思います。

車のメンテナンスと一緒で、大きな不調が出る前に体もメンテナンスをしてあげる事は大切だと思います。

 

 

カイロプラクティック院TAMAI

広島県広島市南区的場町2-3-17

クリオ的場1F

ご予約:082-263-2880(完全予約制)

web予約はこちら

 


骨盤矯正


骨盤矯正について

骨盤とは一つの大きな骨ではなく、3つの骨が繋がって形づくられています。 特に子宮や卵巣等の内性器を収納している女性の骨盤は、出産時に備えて開きやすい構造になっています。 そのため、無理な姿勢による負担や周囲の筋肉のアンバランス・ストレスや生活習慣の乱れによる疲労の蓄積などの影響を受け、ゆがみを引き起こしやすくなっています。 骨盤は言わば身体を支える土台であり、その土台がゆがむことによって身体にさまざまな影響をおよぼします。

次の項目で思い当たる方は、骨盤のゆがみがあるかもしれません。

◆ 脚を組む癖がある。

◆ トンビ座り(正座の状態で左右に脚を崩す)をよくやる。

◆ ズボンの付け根のシワが偏っている。

◆ スカートがまわってしまう。

◆ 下腹部がぽっこりしている。

◆ 左右の脚の長さが違う。

◆ 立ち方や歩き方が変だと指摘されたことがある。

骨盤がゆがむと、内側を通っている大きな血管(腸骨動脈や下大静脈など)や静脈に沿っているリンパの流れを圧迫してしまいます。そのため血行が阻害され、末端の小さい血管への血流が通いにくくなることで、冷えやむくみの原因となります。また、骨盤のゆがみによって内臓が圧迫を受けたり血流が阻害されることで、内臓にストレスがかかり、働きに不具合が生じます。便秘・胃腸の不具合・生理不順や重い生理痛の原因となりますし不妊の原因一つにもなると考えています。 内臓への影響は交感神経を興奮させ、全身のだるさや不調につながっていきます。また、内臓機能が低下することで身体の基礎代謝も下がり、脂肪がつきやすい体質になりやすくなります。さらに、骨盤がゆがんでる状態が続くと身体はそのゆがみを補正するために背骨や上半身でバランスを取ろうとします。そのような無理のある不自然な補正によって腰や肩、首の筋肉にも負担がかかり、腰痛や肩こり、首の痛みといった全身への悪影響が出てくることもあります。

骨盤のゆがみを矯正することで、こんな効果が期待できます。

冷え・むくみの改善    →血行不良の根本的な原因を改善し、全身に血流が行き渡りやすくなります

内臓機能の回復と基礎代謝の向上    →内臓の働きがよくなることで代謝が上がり、痩せやすい体質に改善できます

腰痛・肩こり・首の痛みの改善    →全身のバランスが整うことで、腰や肩・首周辺の筋肉への負担が軽減します

姿勢・猫背・出っ尻を改善して正しい姿勢に  →骨盤のバランスを調整することで、正しい姿勢を取りやすくなります

ヒップアップ&お尻まわりがスッキリ  →骨盤と股関節のアライメントを調整することで、見た目もすっきりします

脚が長く見えるように  →骨盤を正しい角度に起こすとウエストラインが上がり、脚長効果が生まれます

当院では骨盤を支えている筋肉を調節しながら骨盤のゆがみを矯正していきます。 急激な手技によるものではなく、患者さん自身の体重を利用して無理なく調整していくので痛みもなく安全な施術です。 また、正しい姿勢の保ち方や骨盤まわりの筋肉を鍛えてゆがみを防止するためのエクササイズ等も指導し、骨盤のゆがみによる不具合をトータルで改善していきます。

 

カイロプラクティック院TAMAI

広島県広島市南区的場町2-3-17

クリオ的場1F

ご予約:082-263-2880(完全予約制)

web予約はこちら


産後の骨盤矯正


産後の骨盤矯正は、いつから始められるのか?
というお問い合わせが多いのでこちらでご案内させて頂きます。
骨盤は出産後が良く動くので矯正しやすいことは確かです。
なぜ良く動くのか?というと
出産を迎える時期になると産道の確保の為に
女性ホルモンのリラキシンの分泌が増え関節を繋いでいる靭帯を
緩ませるように働きます。
それにより骨盤の仙腸関節、恥骨結合が緩み骨盤を広げて産道を確保します。
産後6ヶ月以降はリラキシンの分泌量が少なくなり骨盤も安定していきますが
産後から6ヶ月の間は骨盤が不安定な状態になります。
その間、開いたり、歪んだままだと恥骨が痛かったり、股関節が痛かったり
腰痛がでる人もおられます。
もし骨盤が歪んだ状態で産後6ヶ月以降の安定期に入ると
歪んだまま固まってしまい 肩こり、腰痛などの不快症状が出てしまいます。
出産後に体の不調を訴える方は骨盤の歪みが原因となる可能性が高いです。
では、いつから矯正したらよいのでしょうか?
それは、大きくなった子宮が収縮するのを待ったほうが良いので、
産後約1ヵ月~が理想的です。
はじめの1ヶ月は、しっかり身体を休めてあげて下さい。
1ヵ月検診が終了して、特に問題がなければ
それから骨盤矯正を始めれば大丈夫です。
出産してから1ヵ月の間は、トコちゃんベルトのような骨盤ベルトで良いと思います。
正直、初産の方は産後1ヵ月なんて家をでる余裕なんて無い方がほとんどで、
骨盤のことは気になっても、難しいと思います。
実際には、初産で産後1~2ヵ月で来院される方よりも
産後3~5ヵ月位に来られる方が多いです。
ただ、赤ちゃんを連れての来院を検討されている方は、
産後1~5ヵ月位が良いです。
赤ちゃんは、小さければ小さいほど連れてくるのは楽です。
鳴き声は小さいし、良く寝てますしね。
6ヵ月を過ぎてくると、人見知り 場所見知り が始まるので結構大変です。
矯正の回数は、だいたい週1回ペースで5~10回程度です。
前にも書いたことがありますが、逆子や、難産、生理痛なども骨盤の歪みが
原因になる事もあると考えています。
腰という字は肉月に要と書くように、身体の要なんです!

 

 

カイロプラクティック院TAMAI

広島県広島市南区的場町2-3-17

クリオ的場1F

ご予約:082-263-2880(完全予約制)

web予約はこちら